コロナ リポート

コロナ リポート

新型コロナ問題に関連するレポートは、見やすくするために要約しています。

MENU

小田原系担々麺

小田原系担々麺は、1975年に神奈川県小田原市上曽我で誕生したラーメンで、挽き肉をベースにしたあんかけの濃厚な甘辛スープに、野菜、ニンニク、豆板醤を加えた担々麺が特徴のラーメンです。源流は中華四川。

f:id:kaisentengoku:20210725223658p:plain

現在小田原坦々麺と呼ばれているラーメンは、1975年に創業した小田原市の中華四川です。
中華四川は中心市街地である小田原駅の北7~8 kmに位置し最寄駅であるJR東海御殿場線上大井駅から徒歩13分と不利である。しかし、地元で担々麺が話題になると、マスコミで小田原市のご当地ラーメンとして紹介されるようになり、現在では小田原系担々麺と呼ばれている。
中華四川には支店がありません。店で修行をして独立し、小田原市内などで小田原系坦々麺を食べる店が見られる。
小田原系坦々麺玄や(松田)
菊壱仙(石原)
小田原タンタン麺たかみ(目黒)
1930年発祥の「味の大西」を核とする小田原系ラーメンとは別のラーメンである。

中華 四川
〒250-0202 神奈川県小田原市上曽我173-1
900円(平均)900円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp