コロナ リポート

ワクチン リポート

新型コロナ問題に関連するレポートは、見やすくするために要約しています。

MENU

水戸藩らーめん

水戸藩ラーメンは茨城県水戸市で販売されているご当地ラーメン。

江戸時代に水戸藩徳川光圀 (水戸黄門) が日本で初めて食べたラーメンを再現したもの。

f:id:kaisentengoku:20210731022434p:plain

明から亡命した儒学者朱舜水に師事し積極的に異文化の受容に努めた。その中に中華麺が含まれていたと考えられることから日本で初めてラーメンを食べたのは徳川光圀である。当時の記録によれば小麦粉とレンコンを原料とした麺(レンコン粉)は「うどん」麺であった。この理論に基づき新横浜ラーメン博物館水戸徳川家の葵丼のレプリカを展示しています。

また朱舜水徳川光圀に招かれる前に長崎の柳川藩の人に養育されたことから柳川こそがラーメン発祥の地との説もある。

また稲沢敏行の研究によって室町時代徳川光圀より200年以上も前に臨済宗の僧侶である蔭涼軒主が相国寺鹿苑院で1488年3月23日に小麦粉と食塩で作った中華麺を食べていたことがわかっている。

r.gnavi.co.jp