コロナ リポート

コロナ リポート

新型コロナ問題に関連するレポートは、見やすくするために要約しています。

MENU

和歌山ラーメン

和歌山ラーメンは和歌山県北部を中心に専門店や大衆食堂で供されるご当地ラーメンである。

飲食店では略して「中華そば」「中華」などと呼称するのが一般的だがラーメンといっても通用する。味は一般に豚骨醤油と呼ばれるが大きく分けて2種類ある。また飲食店での食べ方や客への対応など他の地域には見られない風習も多く地域文化を形成している。

和歌山ラーメン 丸美商店

戦前の和歌山、特に和歌山市中心部ではラーメンが食べられていたといい井出商店の井出つや子が1933年に中華そばの屋台があったと証言しており戦後も多くの屋台が出てラーメンを売っていた。これは和歌山県が湯浅など醤油の産地に近かったことや隣接する県から豚骨や鶏ガラ魚介類などスープの原料を仕入れやすかったこと醤油の味に親しんでいたためである。しかし和歌山の中華そばは大阪でメディアに紹介されることもあったが全国に広がることはなく、あくまで地元の名産品だった。また、この「中華そば文化」は和歌山独自のものとは認識されておらず和歌山ラーメンとも呼ばれなかった。

「和歌山ラーメン」の名称は1990年代後半、東京出店の「まっち棒」が初めて「和歌山ラーメン」を呼称したのに始まる。そして1998年元旦にテレビチャンピオンで石神秀幸和歌山市の井手商店を推薦して「日本一うまいラーメン決定戦」で全国の有力店を押さえて優勝した。また新横浜ラーメン博物館に一時出店し首都圏を中心に人気が高まり始めた。その結果、和歌山県下の中華そば屋はテレビや雑誌の取材を非常に多く受け「和歌山ラーメン」の名も大手のインスタント麺メーカーがカップ麺を発売したときには認知されていた。和歌山ラーメンの発展は徳島ラーメンや旭川ラーメンなど全国的なご当地ラーメンブームの火付け役にもなっている。

和歌山ラーメンには大きく分けて2種類あります。「醤油豚骨醤油味」および「豚骨ベース豚骨醤油味」

醤油豚骨醤油味
醤油たっぷりの鍋に豚骨を入れ味がなじんだら取り出す。そして豚骨を煮込んでスープにします。鰹節や香味野菜、鶏ガラを入れる店もある。店によってはチャーシューを醤油で煮てスープに混ぜて食べることもある。見た目よりさっぱりしていて醤油のコクと香りが際立ちます。元祖店は「丸高」といい地元ではのれん分けも含め中華そば専門店ではこの形式が多い。そのため地元ではこの味を連想する人も多い。

r.gnavi.co.jp

豚骨ベース豚骨醤油味
豚骨はゼラチンが溶けるまで煮て乳化した濃厚スープに醤油を加えて味を調える。味は濃いめですが脂っこくないし豚骨と醤油の味が合います。醤油をベースにした中華そばを作る際に豚骨を煮すぎることで偶然生まれた製法で派生したものである。これが「井手商店」の製法でテレビチャンピオンで優勝したことで全国区となり新横浜ラーメン博物館に出店、和歌山ラーメンの認知に一役買った、東京で開店した「のりや」や「まっち棒」もこのタイプである。しかし、この路線は地元ではまだ少数派であり店舗数は醤油ベースの飲食店よりもはるかに少ない。そのため井出商店のようなスープ仕立ての和歌山ラーメンという概念は大きな誤りであり地元の人々の認識との間に大きなギャップを生じさせている。井手商店に続く多くの店、特に県外にある店は偽物だ。しかし、この方法が全国的に普及すると県内でもこの形式の店舗が著しく増えた。

ideshoten.stores.jp