コロナ リポート

ワクチン リポート

新型コロナ問題に関連するレポートは、見やすくするために要約しています。

MENU

旭川ラーメン

旭川ラーメンは北海道旭川市周辺で食べられているご当地ラーメンのひとつ。

味噌@名もないラーメン屋(旭川ラーメン)

マスコミ等では旭川ラーメンを「醤油ラーメン」と呼称することが多く札幌ラーメンの味噌ラーメンや函館ラーメンの塩味ラーメンとは対照的であるが特に制限はない。旭川大学経済学部江口ゼミナールの調査によると調査対象店舗の半数以上が醤油味がベストセラーだと答えています。

スープは魚介、豚骨、鶏ガラ野菜から作られており醤油ベースのスープが比較的一般的でラーメン店の65%以上がダブルスープを採用している。例えば旭川ラーメン村のラーメンは半分以上がダブルスープです。

ダブルスープが主流になった背景には、かつて旭川市が養豚業を盛んにしていたこと豚骨が廃材になったことを利用するために豚骨スープが作られたことがあるが豚骨スープ特有の臭みを消す工夫として煮干しや昆布などの魚介類が併用されるようになった。同じ豚骨を使ったスープが、そのまま香る白湯を中心に進化した博多ラーメンとは違います。

旭川市は北海道の中央に位置し海とは無関係であるが古くから旭川市が物流拠点として発展し物流ネットワークも発達している。北海道各地で生産される魚介類が手軽に手に入り昭和初期から魚介類が手軽に利用できるようになったこともダブルスープが主流になった理由として挙げられる。

豚骨スープにアイヌ文化の影響を指摘する文献もあり古くからアイヌの人々が食べていた「ソップ」と呼ばれる濁った豚骨スープの食文化を継承したという説もある。博多ラーメンにも影響を与えたと言われている。

旭川ラーメンの特徴の1つはスープにラードを入れることでスープの上に油がたくさん浮いています。旭川市のように冬の気温がマイナス30度以下という厳しい気候のもとではスープの上に油が浮いているため蒸気が上がりにくくスープが冷めにくいと言われています。
またダシ油、馬油ネギ油などの香味油や苦味と香りが際立つ焦がしラードを使った店もある。

味噌ラーメンも人気があり旭川で札幌ラーメンを受け入れるために試行錯誤した結果スープは濃厚で辛味噌ラーメンを出す店が多い。
らーめん山頭火は1988年に創業し博多ラーメンに近い白濁したスープでキクラゲや小梅など従来の旭川ラーメンとは異なる工夫がされて市民にも浸透し同じような「山頭火系」と呼ばれるラーメン店が多発して以来さまざまなラーメン店が登場している。

一言で言えば旭川ラーメンの特徴は低加水縮れ中細麺です。

中細縮れ麺が最も多く旭川市内では53.2%次いで中太縮れ麺が28.6%となっている。全体で90%以上の店が縮れ麺を使用しておりストレート麺は稀である。

らーめん山頭火 旭川本店
〒070-0031 北海道旭川市一条通8-348-3 ささきビル1F
900円(平均)900円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

加水分解速度は25%~29%と低い。水分が少なく歯ごたえがよくサクサクとした食感で小麦粉の香りが残り茹でてもスープを吸収しやすく麺と絡みやすいことを特徴とする縮れ麺。低加水麺は伸びやすいという欠点がある。

自家製麺の店もあるが80%以上が旭川市製麺所で作られた麺を使用している。

正統派・旧派の旭川ラーメンではネギ・メンマ・チャーシューなどのシンプルな具材で味付けしていないメンマだけを入れることが多かったが近年はラーメン店の種類も増えているため、これは当てはまらない。またチャーシューの代わりに旭川名物の塩ホルモンや豚トロが使われることもある。

観光客向けにはホタテやトウモロコシなどの北海道特産品やバターを使ったラーメンなどがある。