コロナ リポート

コロナ リポート

新型コロナ問題に関連するレポートは、見やすくするために要約しています。

MENU

赤湯ラーメン

赤湯あかゆラーメンは山形県南陽市で提供されているご当地ラーメン。山形ラーメンは醤油ベースのスープが多いですが赤湯ラーメンは辛味噌がのった味噌ラーメンが特徴です。「赤湯ラーメン」「赤湯からみそラーメン」および「赤湯辛味噌ラーメン」は、それらを発明した龍上海登録商標です。

R3002478

同社は1958年に設立されたが創業当時はあまり成功せず売れ残ったスープを残すことも多かった。主人は残ったスープを持ち帰り家族で味噌汁を作った。息子が味噌汁に麺を入れて美味しいと父に勧めたのが発展の始まりで試行錯誤の末、唐辛子と山形の赤味噌にニンニクや香辛料をブレンドした辛味噌のトッピングが1960年に完成した。 一般的に味噌ラーメンの起源は1961年に札幌市の味の三平で販売されていた味噌ラーメンとされており前述のように同時期に龍上海でも味噌ラーメンが発売された。ラーメン評論家の大崎裕史は当時は情報が広く行き渡っていなかったため必要に迫られて生まれたのではないかと推測する。 龍上海は古くから地元の人気店で激辛ブームを先取りしていたといえる。2005年龍上海新横浜ラーメン博物館に支店を開設しました。 2017年には南陽市の白岩孝夫市長のイニシアティブで「ラーメン課R&Rプロジェクト」と題する小冊子が作成され「赤湯ラーメン」「龍上海」のトピックも含まれている。

唐味噌の最大の特徴はトッピングの唐味噌であるが一度に全ての唐味噌を溶くとかなり辛くなる。そのため少しずつ溶かしてお好みの辛さで食べるのがおすすめです。

辛味噌は別売りの場合もありますので辛味がお好みの方は辛味噌ラーメンに辛味噌を足してください。醤油ラーメンに辛味噌を加えてもよい。

r.gnavi.co.jp