コロナ リポート

コロナ リポート

新型コロナ問題に関連するレポートは、見やすくするために要約しています。

MENU

熊本ラーメン 豚の頭骨と鶏ガラをブレンドした優しい味わい

熊本ラーメン熊本県熊本市を中心に作られている豚骨ラーメンである。

熊本ラーメン@こだいこ

とんこつラーメン発祥の地、福岡県久留米市から熊本県玉名市を経て熊本市を中心に広がったラーメンである。

玉名たまなラーメンや博多ラーメン(長浜ながはまラーメン) より麺が太く鶏ガラをスープに加えているのが特徴です。

スープは豚骨に鶏ガラを使用していますが、豚頭骨のみを使用している店も少なくありません。

またスープにチップスのニンニク炒め、マー油ニンニク炒めを入れるのも特徴である。

そのため豚骨の味が強い博多ラーメンに比べると、まろやかな味になる。

久留米ラーメン&玉名ラーメンとの最大の違いは当日にスープを使い切っていて、これにより、いわゆる「とんこつ臭」を抑えている。

麺は中太で低加水のストレート麺を使用し少し固めに茹で上げる。

具は台湾風のゆで卵、きくらげ、チャーシュー、メンマ、ネギのみじん切り、もやし、わかめなどを使い店によっては紅生姜、生ニンニクを使うところもある。

昭和28年に木村一が熊本市に「松葉軒」を昭和29年には山中安敏が「こむらさき」を開店し、劉壇祥は昭和30年「桂花」で調理をしていたが独立して「味千」を創業した。

ラーメンにニンニクを加える方法は「桂花」時代に劉壇祥によって開発された。

もともと不動産業や中古車販売業だったが、昭和28年に九州北部を襲った白川大水害で失敗した。このとき三人は国鉄高瀬駅前のラーメン店「三九」を訪れている。

3人はラーメンに感動しラーメン店で新たな事業を始めることにした。

現在では熊本市を中心に広く食べられており、関東では「桂花」や「こむらさき」が、中国では「味千ラーメン」がチェーン展開しており熊本県外にも進出している様子が伺える。

黒亭

豚骨だけを強火で煮込んだ黒亭の豚骨スープは脂が少なく後味もすっきりしています。石臼挽き粉で作った香り高い中太ストレート麺と自家製焦がしガーリックオイル創業時から受け継がれたタレに漬け込んだチャーシューが絡み合います。

r.gnavi.co.jp

こむらさき

昭和29年創業。昔ながらの味を守る老舗。丁寧に仕込んだ豚骨に鶏ガラと野菜をじっくり煮込んだスープは、やや細麺の自家製麺との相性も抜群。おすすめは具だくさんの「王様ラーメン」

r.gnavi.co.jp

桂花

東京に進出した熊本ラーメンを代表する店の豚骨に鶏ガラを丸ごと入れた、まろやかでコクのあるスープです。ニンニクの香りが良いマー油を加えることで風味が深まります。看板メニューの「太肉麺ターローメン」は、とろける豚バラと爽やかなキャベツのバランスが絶妙。

r.gnavi.co.jp

味千ラーメン

世界中で愛されている「味千ラーメン」の香り高い熊本ラーメン店は国内外に700店舗以上を展開する人気店。独自に開発した「千味油せんみあぶら」を使ったとんこつスープが特徴です。

r.gnavi.co.jp