コロナ リポート

ワクチン リポート

新型コロナ問題に関連するレポートは、見やすくするために要約しています。

MENU

高知県須崎市のご当地ラーメン「鍋焼きラーメン」の取り寄せがむちゃうまいらしい!

鍋焼きラーメンとは高知県須崎すざき市で企画された鶏がらスープを土鍋で煮込んだラーメンで主に須崎市のラーメン専門店や飲食店などできょうされている。

地元のラーメンであることを強調するために「洲崎ラーメン」「洲崎鍋焼きラーメン」などと呼ばれることもあります。

鍋焼きラーメン

考案は戦後すぐに須崎市に開業された「谷口食堂」の店主谷口兵馬による。

もともとはホーロー鍋で提供されていたが、後に土鍋を用いたものが主流になった。

「須崎鍋焼きラーメンの老舗御三家」と称された「谷口食堂」「みつだ食堂」「水野食堂」当時の値段は60円くらいで銭湯帰りの食事として人気が出ました。

夜遅くまで営業していたため若者の集いの場にもなった。

野菜や親鳥の鶏ガラが特徴、肉も親鳥、その理由は「谷口食堂」の前に鶏を扱う店があり無料でシェアしていたので親鳥を使うようになった。

昭和55年所有者の死去により「谷口食堂」が閉店されたが常連客により味を継承した飲食店が続々登場している。

平成14年には商工会議所や市役所などの有志が「鍋焼ラーメンプロジェクトX」を須崎市の名物として売り出すべく立ち上げ積極的なPR活動が始まった。

また洲崎市を中心とするスーパーでは鍋焼き用の生ラーメンが販売されており高知市高知龍馬空港の土産コーナーでは「橋本食堂」の生ラーメンが購入できる。

オンラインショッピングなどの地域配送サービスを提供する飲食店もある。

高知市などでも提供する店舗が多く、近畿地方でも数店舗があり、マスコミに登場することもある。

なかがわ

「ホーロー鍋」を使用した焼き肉店が出す絶妙な鍋焼きラーメン

r.gnavi.co.jp

だるま

メインのお好み焼きより人気の高い鍋焼きラーメン

r.gnavi.co.jp

橋本食堂

昔から愛されている鍋焼きラーメンは県内外からのお客様が多い。

r.gnavi.co.jp